ふじみ野不動産会社では街で一番の優良物件が揃っている

積み木
  1. ホーム
  2. 中古ならではの価値

中古ならではの価値

部屋

住んだり売ったり

都心へのアクセスも良好で、住宅地の多いエリアとして杉並区では戸建て需要が相次いでいます。その中、お一人様からは中古マンションの購入が相談されています。新築よりも中古マンションを選ぶポイントとして、杉並区となる立地条件が一利あります。売り出しとなる地域も広範囲で、駅近物件も非常に多く、敷地も有効利用されています。利便性や生活環境が整っていることは、杉並区を拠点とする社会人にはメリットです。また、戸建ては土地を残す資産価値が挙げられますが、杉並区は人気の高いエリアです。中古マンションでも共有設備も充実し、中古市場では付加価値も付き、需要増となるため、売ることで20代でも財産を得ることは可能です。リユースマンションも20代からの購入の後押しともなり、FP・宅地建物取引主任者などの不動産のプロに相談するパターンも増えています。中古マンションは価格も数百万円台から販売され、手に届きやすさがウリです。実際、建物の状態や管理状況、リフォーム箇所などに納得するには、建築士と見学し、契約することが大事です。修繕積立金がプールされているのか、中古では特に気に掛けておきたい内容です。ランニングコストが掛かるならば、売却せず、住むことだけを維持できる資産価値の低い物件も選択肢の1つに挙げられます。またオートロックや防犯カメラなど、セキュリティ面の充実はお一人様には重要視されています。構造面でも、耐震性や耐火性が整っている物件も多く、購入のメリットが新築や一戸建て同様、高いのも特徴です。